By | 2018年11月14日

テレフォンレディのお仕事をする場合は、確定申告が必要になるわけですがその際の税金の支払いに必要な額というのは実は減らすことが出来るのです。
節税という言い方をするのですが、この節税に必要なのが経費という税金の控除額を増やすためのテクニックです。

経費ってどんなものが含まれるの?

いわば、仕事に必要な出費のことなのですがどんなものが含まれるのかということがあります。
テレフォンレディの場合、通信費やパソコンや機器代、電気代なども含まれます。

しかも、それだけでなく家賃やフィットネスやエステ、美容院、サプリメントの代金やコンタクト、カラコン、メガネ、水着やコスプレ衣装の代金。
ほかにも部屋のインテリアや衣装ケース、パソコンの机や椅子に化粧品に照明目薬、健康グッズやセキュリティソフト、ホームページ作成ソフトに寝具、アダルトグッズにローション、掃除機、そして医薬品と言ったものの購入代金も実は経費にすることが出来るんです。
一見関係ないものに見えるものも経費になる

たとえば、メガネやコンタクトは一見関係なさそうに見えますが目が悪いからこれがないとパソコンが使えない、ひいては仕事が出来ないということにできます。

サプリメントや美容院やエステの代金も、テレフォンレディとして見た目に気を遣わなければいけないからと出来ましょう。
医薬品や目薬も、パソコンを安定してやるための体調管理のためと言えば経費に出来るわけです。

まとめ

とりあえず、買い物をしたらレシートや領収書は必ず捨てずにとっておくように癖をつけましょう。
こういったものをかき集めにかき集めておけば、税金の支払額をグっと減らすことが出来増すからね。
節税は、個人事業主が生きていくには必要な知識です。

関連する記事