今日から稼ぐテレフォンレディ入門

稼げる副業をしてみたい、稼げるバイトをしてみたいという人は多いです。そんな副業、バイトとして注目を集めそうなのは、テレフォンレディでしょう。テレフォンレディといってもなかなかわからないという女性もいます。せっかくですので、ここでテレフォンレディについてしっかりと覚えていきましょう。

テレフォンレディではどんなことをするのか

スマホを持つ女性の手
テレフォンレディはチャットサイトに登録することから始まります。登録はネットから行うものもあれば、面接をしてからおこなうものもあります。サイトにより違ってきます。登録をすると、そこから電話をうけとってみて実際に会話を始めるのです。会話の時間がながければ、それだけ収入も増えていく仕組みとなっています。つまりは話すことがお仕事となるのです。えむと、お話だけとおもうかもしれませんが、実際に話をするだけでも大丈夫です。これもジャンルとしてはノンアダルトノジャンルとなります。テレフォンレディ初心者や人妻や熟女は、こちらを選ぶ傾向があります。
しかし、それに対してアダルトというジャンルがあります。テレフォンレディと聞くとなんとなく、アダルトを想像する人も多いでしょう。実際にアダルトなことをするものです。とはいっても、電話なのでは実際に触られることはありません。しかし、テレフォンセックスをしたり、男性にエッチな言葉をかけたりと、やはり女性にとっては恥ずかしいこともしていくことになります。

あと、サイトによってテレフォンレディもできますが、一緒にメールレディをすることもできます。メールレディとは、男性とメールのやり取りをするだけの内容となっています。

報酬は長さ次第

報酬は何分間男性と話をしたかできまります。1分いくらとなっており、あとは長さ次第です。ということは、その都度変わってくるのです。そう考えると決して安定した仕事ではないということです。また話をした男性が多くても時間が短いとあまり稼ぎにならないこともあるのです。またせいぜい1人の男性が話をしても長くても1時間くらいではないかと思います。ですので、何人もの男性を相手にしなければ、なかなか収入は増やせられないでしょう。

もしも、テレビ電話ならば、グループチャット形式があり、それならば一気に増えたりするので稼ぐことも可能でしょう。ただし、電話のみの場合には、数をこなすことを考えておきましょう。

常連が決め手になるかも

ハートを持つカップルのイラスト
やはりいくら数をこなすといっても新規だけでは、なかなかそうはいきません。やはり、常連を作ることが求められています。そのためにも会話のテクニックや、エッチのテクニックをいろいろと身に付けていくことが必要となります。

準備しておくべきものとは

テレフォンレディになるためには、登録の手続きから始まります。そのためには、身分証明書から銀行口座、フリーメールアドレス、パソコン、スマホ、Webカメラなどが必要になります。あとは必要に応じて、作業場へいって電話をすることになります。そこまでの交通費や食事代なども必要になってくるのです。

最後に

実際に電話をするのは、いつでもいいことになっています。自分の都合のいいときに働けるので、本業がある人でもテレフォンレディをすることは可能です。実際に副業ですることが大半なのです。
またタイプも若い女性から、人妻や熟女などたくさんの女性が参加しています。ぜひあなたもここで、テレフォンレディを知ったのですから始めてみてはどうでしょうか。

テレフォンレディの確定申告

テレフォンレディでお金を稼ぐ場合も、当然ながら納税の義務というのが付いてきます。

普通のお仕事であれば、所得税などは基本的に会社が給料をくれる時に差し引いて支払ってくれるものなのですが、テレフォンレディというお仕事は個人事業主という分類に当てはまるのです。

そして、この個人事業主が貰う給料というのはそういった所得税がひかれているものではありませんのでそのままにしておくと、所得がありながらも納税をしていない、つまり脱税の状態になってしまいます。
だから、確定申告の際に自分の収入を確定させそれに応じた税金の支払いが必要になるというわけですね。

テレフォンレディの確定申告に関して

電卓を打つ指
しかし、この確定申告が必要な人というのは実はテレフォンレディの中でもある条件を満たしている人だけなのです。
だから、場合によってはテレフォンレディのお仕事をしながらも確定申告の必要がない人もいるんですね。
その条件というのが年間の収入によってどのくらいのお金を稼いでいるのかということが条件になってくるのです。
具体的に、どういう条件なのかというとまずは年間で合計のテレフォンレディで得た収入が38万円を超える場合は確定申告を出さなくてはいけないという条件になっています。

テレフォンレディのお仕事で生計を立てている人ならば漏れなく確定申告が必要になるというわけですね。
逆に、主婦をしながらお小遣い稼ぎ程度にテレフォンレディをしていて、年間で38万円を超えない額しか稼いでないのならば確定申告は必要ありません。

副業でテレフォンレディをしている場合

しかし、この38万円という条件はあくまでテレフォンレディのお仕事しか収入がない場合です。
たとえば、本業で普通のお仕事をしているという人はテレフォンレディの年収が20万円を超えない範囲であれば確定申告が必要無いという条件になっています。

なので、本業で別の収入を持っている人が確定申告を出さないようにするのであれば年収が20万円を超えないように気をつけましょう。
確定申告の条件は103万円じゃないの?
確かに、本来税金がかかる年収の額は103万円と言われています。
しかし、この103万円というのは基礎控除の38万円と合わせて給与所得控除という65万円合わさった数字なのです。
テレフォンレディのお仕事は、給与ではなく報酬扱いになっていますのでこの給与所得控除というものが適用されないので、基礎控除の38万円までしか税金がかからない、ということが出来ないわけですね。
なので、普通のお仕事をしている感覚で税金の計算をしていると知らないうちに脱税をしてしまっている、なんてことになりかねませんので気をつけましょう。

特に、しっかり稼いでいるとテレフォンレディのお仕事で年間38万円なんて人によっては2カ月3カ月で簡単に超えてしまいますのでよく気をつけて計算しておかなくてはいけません。

まとめ

確定申告は、普通のお仕事をしているうえでもある程度はやらなくてはいけないものですが個人事業主扱いになるテレフォンレディの場合は特に全部を個人でやらなくてはいけないのでとても大変です。
しかし、こういった確定申告というのはお仕事をしている人にとっての義務になりますのでやらないわけにもいかないのです。
税金の支払いや計算、手間というのがとても大変ではありますがテレフォンレディのお仕事を続けるつもりであるのならば必ず行うようにしましょう。

特に、最近はマイナンバー導入で脱税も簡単に発覚するようになりましたからね。